【特別定例会】"さよなら国立競技場"

|
【特別定例会】 - FA  CLUB  CAFÉ  2014 -

 "  さよなら国立競技場/待っているぞ!  新・国立競技場  "
           
 2014年5月13日(火)
                   第1部  13時30分 〜 16時30分
            第2部  17時30分 〜 20時15分
●  場所 : 国立霞ヶ丘陸上競技場
●  主催 : FA   CLUB

ポスター/緑/DVD用3.jpg
長年、日本サッカーの聖地として親しまれてきた国立競技場。2020年の
東京五輪開催に向けた建て替えの為、今年7月より解体工事が始まります。
 それに先立ち5月13日晴天のもと、わが【FA  CLUB】では   "さよなら  国立競技場/そして、待っているぞ!  新・国立競技場 "と題する特別定例会【 FA  CLUB  CAFÉ  2014 】を、開催いたしました。

たった80名で、国立を貸切る、贅沢なパーティーです。

DSC_0330.JPG

                                  正面入口に刻まれた、東京五輪の優勝者

_DSC3131.JPG 
第1部では希望者が集り、夢の国立のピッチでサッカーを楽しみました。 
  
さよなら国立1/2.jpg
さよなら国立2out2.jpgさよなら国立3.jpg
さよなら国立5out.jpg
さよなら国立4out2.jpg
さよなら国立6out.jpg
さよなら国立7out.jpg
さよなら国立8out.jpg
さよなら国立9out.jpg
さよなら国立10-2out.jpg
さよなら国立11out2.jpg
さよなら国立12out.jpg
さよなら国立13out2.jpg
さよなら国立14out.jpg
さよなら国立15out.jpg
さよなら国立16out2.jpg
さよなら国立17out.jpg
ポスター新国立HP用.jpg

【特別定例会】"  フランスのサッカー文化を知る、楽しむ  "
                                   − FA  CAFÉ  2013 −

● 2013年2月23日(土)15時〜17時30分
● 場所:フランス大使館内大使公邸
● 主催(共催) : フランス大使館・FA  CLUB

 2月23日、フランス大使館内大使公邸において、「ヨーロッパサッカーの文化を知る・楽しむ フランス編」と題する座談会と、これまでに無いスタジアムフードの提案を、日仏の文化交流という形で披露致しました。人生を楽しむ事に長けたヨーロッパの文化に触れることで、サッカーを媒介とした新しい日本固有のサッカー文化を育てたいという思いを込めた企画です。  日仏文化交流の目的から、両国の様々なジャンルから多数の方々がご参加下さり、非常に有意義な会となりました。


FAフランス/ポスター3.jpg



HP-1-2.jpgのサムネール画像
HP-2-2.jpgのサムネール画像
HP-3-3.jpg
HP-5-2.jpg
HP-4-2.jpg
HP-6-2.jpg


HP-7-2.jpg
HP-8-4.jpg
HP-9-3.jpgのサムネール画像HP-10-3.jpgのサムネール画像
HP13-3.jpg
hp12-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

hp15-2.jpg
HP17-2.jpg

HP18-2.jpg

奥寺代表の殿堂入りをお祝いする会

|
【奥寺代表の殿堂入りをお祝いする会】

 ● 2012年9月8日(土) 18:30 〜 21:00

  昼に大雨が降りましたが、晴れ男(女)が多いこの会が始まる頃は良い天気となり、
   奥寺代表を祝福する方々で大にぎわいとなりました。

P1020594.JPG
      
P1020588.JPG
                           
準備が整った
パーティー
会場                         
IMG_6896.JPG
P1020606:.jpgP1020600.JPG   ● 夜の帳が下りる頃、お祝いに駆けつけた方々をお迎えする奥寺代表

P1020613.JPGIMG_6955:.jpgDSCF0420.JPG
   










      ● ご来賓祝辞に引き続き、テラスにて乾杯

P1020619.JPGのサムネール画像DSCF0421.JPGP1020656.JPGDSCF0426.JPG









●  クラッカーを鳴らして、パーティースタート!
IMG_6988.JPGIMG_6990:.jpg









IMG_7000.JPG
P1020649.jpgのサムネール画像
P1020679.JPG











             ●  奥寺代表/羽田から、ドイツへ出発(ビデオ披露)
              ここから、殿堂入りへの道が始まりました!

IMG_6330.JPG
IMG_7008.JPG
IMG_7009.jpg
                                                                      



●   パーティーに、参加出来なかった方々からのメッセージを披露
   奥寺代表には、リボンデザインのメッセージ/左上写真
     カードを赤い封筒でプレゼント
   ●  引続き、会員2組の結婚のお祝い

IMG_7020.jpgIMG_7024.JPG














●  会員代表より祝辞のあと、皆さまからの  お祝いとして、記念品目録を贈呈      (記念刻印入りシャンパンクーラー/
 クリストフル社製)
 後日,刻印が完成しましたら、本物を
 贈呈致します。

● 引続き花束贈呈


DSCF0448.JPG

● 最後に、奥寺代表よりお礼のご挨拶
  (写真ピンぼけですみません)

贈呈者0908.jpg

●  パーティーにご参加下さった方々と、参加出来ずにお祝いをいただきました皆さまのお名前を、
記念品目録パネルの裏面
に記載。



IMG_0662.jpg
●  おみやげにFA-CLUBの
 ロゴと記念品の写真が
 入ったチョコが代表よ り手渡されました。

次回定例会は、フランス大使館大使公邸で
                     行う予定で、チョコも3色旗です
IMG_6347.JPG

● 引続き同じ場所で2次会 〜 最後まで残ったメンバーで記念撮影
  夜遅くまでお祝いの会は続きました、、、

第12回定例会

|

第12回定例会


■ 日時 : 7月19日(木)18時〜21時
■ 場所 : 代々木倶楽部
■ 定例会内容 : 前回の第11回に引き続き、日本の誇る文化「部活」をテーマに
         高校大学サッカー部OB数名をお招きし、FA-CLUBメンバーと語らう

  FA-CLUBへようこそ
    【  サッカーに乾杯 !  昔はみなサッカー小僧だった 】

       というテーマのシリーズ企画です。
  当時の世相や、高校/大学やサッカー界の状況などの思い出話から始まり、
  部活はどのような経験をさせてくれたか、社会人になってどう役に立ったか、
  現在から将来への想い、後輩たちへのメッセージ 等々・・


シリーズ第2回は、戦後まもない頃から御三家といわれた[静岡/広島/埼玉]から、
前回の広島県/修道高校に引続き埼玉県/県立浦和高校の皆様にご参加いただきました。
特にご出席のメンバーは、[埼玉を制するものは全国を制する]という語源となった
チームで、高校選手権/国体/関東の3冠となり52試合無敗の成績を残したメンバーが
揃いました。


■ ゲスト校 : 埼玉県/県立浦和高等学校サッカー部OB 
IMG_6791.JPG
写真/右から
●  浅見 俊雄 さん(1951年卒)
        ~ 東京大学 ~ 日本サッカー協会 ~ Jリーグ審判委員長
              ★ 2010年日本サッカー協会殿堂入り

●  轡田 隆史 さん(1953年卒)
        ~ 早稲田大学 ~ 朝日新聞社 /TV朝日キャスター兼務

●   藤井 泰光 さん(1954年卒)
        ~ 東京教育大学 ~ 県立浦和高校教諭

● 安達 二郎 さん(1959年卒)
        ~ 東京大学 ~ 日産自動車初代監督 

      ------------------------------------------------------------


■ 聞き手 :  岡野 俊一郎 さん (日本サッカー協会最高顧問)
           奥寺 康彦 FA-CLUB代表

■ コメンテイター : 佐伯 年詩雄 さん FA-CLUBアドバイザー
           (日本ウェルネススポーツ大学教授、筑波大学名誉教授)
■ ライバル高ゲスト:  森 健兒 さん  /  広島県修道高校OB
                                :   鈴木 保 さん  /  埼玉県浦和市立高校OB
■ コーディネーター: 松本 光弘 さん /  埼玉県立浦和高等学校OB

      ------------------------------------------------------------

最初に、浦和高校のサッカー部史をスライドショーで紹介

浦和高校-1.jpg浦和高校-2.jpg












浦和高校-3.jpgのサムネール画像浦和高校-5.jpg










  

浦和高校-6.jpg
浦和高校-7.jpg














           ◆ 浅見さん(3年時)轡田さん(1年時)出場
浦和高校-9.jpg

浦和高校-10.jpg
浦和高校-11.jpg













    ◆ 藤井さん出場









浦和高校-12.jpg浦和高校-13.jpg















     ◆ 安達さん出場





      以上、スライドショーより
   ------------------------------------------------------------
岡野/奥寺.jpg
岡野俊一郎さんによる、司会進行がスタート

自分自身、小石川高校の3年の時浦和高校が最初の全国優勝を成し遂げ、試合を申し込んでもなかなか相手にしてくれなかった、(結果0-4で敗戦)など思い出話から、、。
浦和の人は小さい頃からサッカーをやっていたが、サッカーとのなれそめからお聞きしました。



浅見さん:浦和は、埼玉師範が強かった影響    
4人.jpg
     もあり、幼稚園から女子もサッカーを      やっていた。
轡田さん/藤井さん:当時はクツが無く、
          はだしで蹴っていた。
安達さん:運動神経が良いものはサッカーをやる
     のが当たり前だった。            


岡野さん:皆さん優勝経験者ですが、その苦労話をお聞かせ下さい。

浅見さん:苦労話はあまりない。3年の時52連勝し、負ける気がしなかったので、。
轡田さん/藤井さん/安達さん:仲間も先輩も先生も良かった。肝心なところは締めていたが、。
           特に、顧問の宮川先生/轡田さんのお父さん/後援会会長の福永さん。
           福永さんが、「埼玉を制する者は、全国を制する」という標語を作った。
          
     浦和高校生として、遅れて来た旧制高校生の気分があり、旧制へのあこがれがあった。

岡野さん:当時の浦和市民の関心は? 
ゲスト :優勝して浦和駅に降りたら、びっくりの歓迎だった。校長の独断で、学校も休みにした。
     浦和駅前がサッカーの関係で埋まったのはこの時と、ジョホールバルで勝って岡野選手
     が凱旋した時の2回しかない。


     現在のレッズの応援は、元々浦和4校出身者およびその応援団がベースである。
     レッズサポーターが熱いのは、OBの年寄りが中心。

鈴木保さん.jpg
鈴木さん(浦和市立OB):浦和高校の優勝    パレードを見て、サッカーを始めた。
 やはり、レッズが弱かった時は、気になって
 しかたなかった。  





森/佐伯.jpg

森 さん(修道高校OB) : レッズが何故にぎやかなのか、良くわかった。
              地域社会とのつながりが大事。
            同じように、修道高校も6年間一緒なのが、とても良かった。

佐伯 さん : 日本の高等学校でないようなお話で、旧制高校的な最後の雰囲気を感じ
        うらやましくも思う。もう少しで、学校文化が地域文化に繋がったので
        はと、残念でもある。


           ------------------------------------------------------------


懇親会.jpg懇親会2.jpg













    続く、懇親会はおおいに盛上り、2次会まで延々と話しが尽きなかった!

IMG_6876.JPG
IMG_6839.JPG














           ------------------------------------------------------------

★ このシリーズの次回は、御三家と言われた3校目「静岡県藤枝東高校」を予定しています。

            ------------------------------------------------------------

【第11回定例会】

|

【第11回定例会】

  ●  2012年3月26日(月)18:00  〜  21:00

           〜 代々木倶楽部 〜

 新企画 FA-CLUBへようこそ
【  サッカーに乾杯 ! 昔はみなサッカー小僧だった 】

 前回の第10回に引き続き、TV番組を意識し映像化をトライする新企画のテストを
 スタートしました。
 このシリーズ企画は、日本の誇る文化「部活」をテーマに、高校大学サッカー部
 OB数名をお招きし、FA-CLUBメンバー当時の世相や、高校/大学やサッカー界
 の状況などの思い出話から始まり、部活はどのような経験をさせてくれたか、
 社会人になってどのようにう役に立ったか、現在から将来への想い等々を楽しく
 語らいます。


第1回 ゲスト校  広島県修道高校

       【  ゲスト/OBメンバー 】    
修道5名/.jpg写真右から
  森 健兒  さん(1956年卒)〜 慶応大学 〜 三菱重工
               [元日本サッカー協会専務理事]            吉田 泰知 さん(1958年卒)〜 慶応大学 〜  三菱重工
                 [元女子日本代表監督]
  岡平 勝郎 さん(1962年卒)〜   同志社大学 ~  ダイエー 〜 アキュラホーム
                 [元日本ユース代表]
  坂井 忠昭 さん (1962年卒)〜 東京大学 〜 三菱商事

  大谷 栄一 さん (1974年卒)〜   慶応大学 〜 三菱重工


■ 聞き手      岡野 俊一郎 さん[日本サッカー協会最高顧問]
            奥寺 康彦    FA-CLUB代表

■ コメンテイター : 佐伯 年詩雄 さん FA-CLUBアドバイザー
           (学校法人タイケン学園スーパーバイザー大学設置準備担当
              平成国際大学特任教授、筑波大学名誉教授)

■ 特別ゲスト   : 吉田 誠一 さん
           (日本経済新聞社 編集委員)
             日経新聞「フットボールの熱源」筆者 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【  座談会の内容  】

  修道高校の歴史をDVDで紹介/ 1734年広島藩の藩校として生まれ〜 現在に至る
座談会−1.jpg

サッカー部の主な戦績について、スライドショーで紹介
                            〜 6度の全国制覇 〜
昭和25年 国体        
  28年 高校選手権

       28年 国体  森   さん出場         31年 国体  吉田 さん出場
2度目の国体制覇.jpg
国体3度目の優勝.jpg
                             






         36年 国体 ・37年1月 全国高校選手権  岡平さん/坂井さん 出場                         
国体4度目の優勝.jpg
2大タイトル獲得:.jpg
  
                                                 



座談会/岡野.jpg
  
岡野さんからの、いろいろ質問や思い出話しが。

自身の現役当時は、広島勢にコンプレックスがあった。(広島付属中に長沼健さん等豪華メンバー)

どうしてこの時期、広島勢は強かったのか?






広島では当時、1中/付属/修道と3校が 
座談会/森ー吉田.jpg強く、お互いに絶対負けられない気持ちが
あり、このことが切磋琢磨してきた。

当時は試合になると、学校休んで応援OKで、
終ると応援団同士の喧嘩も有るほど、負けら
れない一心だった。

部員は少なく、いつも試合のメンバーがギリギリ
の状況だったが、全校でサッカーが盛んだった為、
補充が出来、広島ブランドで勝てた部分もあったかもしれない。
座談会/佐伯ー吉田.jpg

日経/吉田さん:皆さん現役で進学していますが、いつ何時間くらい勉強はしたのか?
修道OB:やはり予習と、授業中の集中力が大事ではないか。サッカーで養ったと思って
いる。
佐伯先生:学校にはそれぞれ文化があり、当時の修道はサッカーが学校文化の頂点にあり、「やるときはやる!」という、真のスポーツマンシップがあった。
今の時代では難しくなってしまったが、この文化を何とか残して行きたい。

話しはつきませんでしたが、まずは日本固有の文化【部活】について、戦後まもない頃
からの歴史に触れた第1回でした。

詳しい内容は録画していますので、後日編集が出来ましたら お知らせ致します。


引続き、 懇親会で盛り上がりました!
懇親会−1.jpg懇親会−2.jpg
          
                


懇親会−3.jpg懇親会−4.jpg
                             広島出身の方々も多く、話しが盛り上がります。


懇親会−6.jpg
懇親会−5.jpg
                                 岡野さん、後輩の坂井さんと。 
集合.jpg
 最後まで残ったメンバーと集合写真。 昔からの仲間は良いもんです!

【 第10回記念定例会 と 忘年会 】

|

 第10回記念定例会 と 忘年会  】


● 2011年12月3日(土) 17:30 〜 20:00

   〜 日本スポーツマンクラブ 〜


新企画 〜 【FA-CLUB  へようこそ】大人のサッカー談義  第1回

有名なインタビュー番組のスタイルで、TV番組作成にトライしました
聞き手を、岡野俊一郎さん/ゲストを奥寺康彦さん(少しへんですが、実験なので、)
で行い、いい雰囲気の中いろいろな聞いた事の無い話が飛び出し、ますます奥寺ファン が増えたようです。
 
対談写真.jpg
生い立ちから古河電工に入社する経緯、その間のエピソード(ここでは言えません)。 日本代表に選出され、ドイツに行く事になった話。そのときの家族や奥さんの反応等々。

奥寺ドイツの写真.jpg
   本人の解説で、ブンデスリーガでのプレーを楽しみました。若いです。
★この対談のビデオが完成していますので、後日会員ページで見れるようにします。


企画の終了後、スポーツプロデューサーの杉山茂さんに、いまのサッカー中継との違いに
ついて、興味深いお話をいただきました。

終了後、忘年会です。

忘年会−1.jpeg
忘年会−2.jpeg

森元専務理事も参加し、2002年のコンビ 復活











金メダリストのパネルの前で盛り上がる

いつまでも終わる事の出来なかった、楽しい忘年会でした。
【クラブ設立3周年記念パーティー  &
 
         岡野俊一郎さんの傘寿をお祝いする会】


 ● 2011年8月28日(日)  18:00  ~  20:30

                    − waterline −


晩夏を感じさせる日差しが射す東京湾ウオーターフロントの会場。今回はクラブ3周年記念と岡野俊一郎さんの傘寿のお祝いという、2本立て豪華版プログラムとなりました。

「FA-CLUB 3年間の軌跡」と題したDVD上映に続き、奥寺代表による開会の挨拶。前半のプログラムのメインテーマは、いま注目の「女子サッカー」です。なでしこリーグの前身である日本女子サッカーリーグ評議会初代議長の吉田泰知さん、元女子日本代表監督の鈴木保さん、そして日本サッカー協会特任理事で「Jリーガーの母」とも呼ばれる綾部美知枝さんの3人により、女子サッカー草創期のエピソードが披露されました。

MIKA(p)コモブチキイチロウ(b)黒田清高(ds)のボサノバの演奏に耳を傾けた後、歓談へとつづきます。そこへ、今度はジャズ・ボーカルグループ、タイムファイブの素晴らしい歌声によるHappy Birthdayが始まり、岡野さんの傘寿のお祝いがスタートしました。

運ばれてきたのは「バースデーケーキ」ならぬ、山盛りの「バースデー豆大福」。岡野さんが社長をされている岡埜栄泉総本家から取り寄せた80個の有名な豆大福の山の上には、「80」の文字ローソクが。心憎い演出に岡野さんも相好を崩されとても嬉しそうです。

続いてスクリーンに映し出されたのは、年配の会員には懐かしい「三菱ダイヤモンドサッカー」の映像。岡野さんと一緒に番組を担当されていたアナウンサーの金子勝彦さんが、岡野さんのこれまでの人生とサッカーのかかわりについて年代を踏まえながら詳細に語られました。ここで出席者は岡野さんが日本サッカーの歴史において重要な役割を果たされてきたことを、改めて知ることとなりました。

今回は、会員やゲストの方々の家族も多数参加され、クラブが目指す、老若男女がサッカーの下に集った楽しい一夜となりました。

 

ポスターFAパーティー/1修正.jpgのサムネール画像
item.jpgのサムネール画像

快晴の品川/天王州の運河に浮かぶレストランに、大勢の方々がお集り下さいました。

IMG_5502.JPGのサムネール画像のサムネール画像

                     桟橋から、会場に入るアプローチにも
                     ポスターがにぎやかにお出迎え。

IMG_5503.JPG
      
IMG_5500.JPG

準備が整った
会場入口付近                                                  
IMG_5518.JPGのサムネール画像のサムネール画像

3年の軌跡.jpg





                                               パーティー開始前、クラブ設立から
3年間の活動内容を、スライドショーで
参加者に説明               

P1000933.JPG
P1000939.JPGのサムネール画像
          

奥寺代表/開会の挨拶              引続き、乾杯

昼間大.jpg
第1部夜-.jpg
第2部.jpgのサムネール画像のサムネール画像

IMG_5680.JPGのサムネール画像
IMG_5686.JPG













最後は一本締め              参加した学生達/よく手伝ってくれました!

集合-1.jpg

最後まで残った全員で記念撮影。TIME 5の皆さんも加わりました!

FA CAFÉ 2011

|
FA CAFÉ 2011     2011.6.20.  18:30  〜 22:00
     
             〜 ジャーマンファームグリル渋谷


シリーズ【サッカー先進国に学ぶ】  第1回 ドイツ

〈座談会〉
 
  特別ゲスト             : 岡野  俊一郎  さん / 日本サッカー協会最高顧問
  FA-CLUBアドバイザー  :   佐伯  年詩雄   さん / 学校法人タイケン学園スーパーバイ                           ザー大学設置準備担当、
                          平成国際大学特任教授
                          筑波大学名誉教授
  FA-CLUB代表      : 奥寺  康彦 


IMG_5179.JPG IMG_0384.JPG
                         奥までぎっしりの、参加メンバー

 クラーマーさんから教わった基本の基本について語る/岡野 さん
 
 ドイツでのプロ意識について/奥寺 代表

 欧州におけるクラブの成立ちと日本との違いについて/佐伯 アドバイザー

IMG_5192.JPG 
懇親会では、ドイツビールで多いに盛り上がる

IMG_3119.JPG IMG_5185.JPG

     老若男女とわず、サッカーを真ん中に和気あいあいと!

IMG_3121.JPG

   終了予定を大幅にオーバーした懇親会、最後まで残ったメンバーでパチリ。

   
                

第9回定例会

|
第9回定例会     2011.2.21.
           
                               ~ 日本サッカー協会 JFAハウス
                      

日本のサッカー界の今後」について

  講演     :  吉田誠一さん       /  日本経済新聞編集委員
  特別ゲスト    :  岡野俊一郎さん  /  日本サッカー協会最高顧問
  FA-CLUB
アドバイザー  :  佐伯年詩雄さん
                                         /学校法人タイケン学園スーパーバイザー大学設置準備担当
               平成国際大学特任教授、筑波大学名誉教授
  


最初に吉田さんより、今後の日本サッカー界の懸念材料をお話いただき、岡野さん
佐伯さん
よりそれぞれ具体的な興味深いお話を、多数お聞きする事が出来ました。

公演1.jpg

2050年の目標をサッカー協会が出したのであれば、10年毎のステップについての目標が
具体的に必要であり、外部によるチェックのシステムも必要ではないか。
1番のなやみは、日本の縦割行政のために、観客に望まれるスタジアムが作れない事であり、
日本の1番大きな欠点となっている事。
サッカーを含むスポーツが、文科省の管轄の中で地位がけっして高くなく、文化庁に入っ
いない事は文化としての位置づけに無いという事も、欧州とのスポーツ文化の差となっ
ている
事など、多岐に渡った議論がなされ、参加者からも活発な意見が出されました。

後援3.jpg


引続き行われたパーティーは、大変な盛上りで、時の経つのを忘れたほどでした。

パーティー1.jpg

今回は学生・院生にも門戸を拡げたため、多数の若手が参加。
めったに会う事の出来ない方々との、楽しいひとときです。

パーティ3.jpg


IMG_2254.JPG

最後まで残ったメンバーで記念撮影(後ろの写真は歴代の日本サッカー協会会長)

次回が楽しみです!

第8回定例会

|
2010年11月22日

 第8回定例会/代々木倶楽部

「岡野俊一郎 自らを語る  

       〜 日本サッカーへの情熱 そして、日本のサッカー文化創造へ」


  岡野俊一郎さん/日本サッカー協会最高顧問

 

今回は日本のサッカー界を牽引されてきた岡野俊一郎さんをお招きし、岡野さんのご自身の体験を交えながら、Jリーグ設立以前の日本サッカーの歴史を振り返りました。


講演.jpgのサムネール画像

              「岡野俊一郎氏 自らを語る」

 

岡野さんは、入学した都立第5中学校が英国のパブリックスクールを手本とした教育方針を掲げてサッカーを推奨していたことが、サッカーとの出会いでした。中学3年生からレギュラーとなり、東大在学中に全日本大学サッカー選手権に優勝。その後、日本代表選手としてヨーロッパやアジア等の遠征を経験していますが、日本サッカー界における最初の大きな役割は、1964年の東京オリンピックに向けて、日本が西ドイツ(当時)からコーチとして招いたデットマル・クラマー氏の通訳と、それに続く同国での150日間にわたる"サッカー研修"でした。

 

帰国して長沼健監督のもとで日本代表コーチとなり、東京オリンピック(ベスト8)、メキシコオリンピック(銅メダル)を支えました。Jリーグ設立の際には、「各国のリーグをよく研究すること」「地域に根ざしたスポーツとして、日本では高校・大学を大事にしたほうが良い」など、ヨーロッパでもなくアメリカでもない、日本独自のサッカー文化を背景としたリーグを構築していくことをアドバイスしたそうです。Jリーグも18シーズン目を迎え、今やワールドカップの常連となった日本ですが、「各クラブは選手を育てる姿勢を持っているのか」「日本協会は財界との連携を考えることも必要」など、今後に向けての課題も指摘されました。

乾杯.jpgのサムネール画像

      日本リーグを立ち上げた1人、西村さんによる乾杯の挨拶

予定を30分もオーバーした岡野さんの熱弁に、年配の会員は思い出を手繰り寄せ、若い学生は生まれる前の興味深いエピソードを知ることができました。続く懇親会では、中学時代に岡野さんに手紙を出して返事をいただいたというOさんが、実物の手紙を持参し、岡野さんが44年ぶりに自筆の手紙に"再会"を果たすというサプライズもあり、日本のサッカー文化をサカナに和やかな一夜を過ごしました。

歓談風景.jpg
         岡野さんを囲み、大いに語り明かした会でした