第12回定例会

|

第12回定例会


■ 日時 : 7月19日(木)18時〜21時
■ 場所 : 代々木倶楽部
■ 定例会内容 : 前回の第11回に引き続き、日本の誇る文化「部活」をテーマに
         高校大学サッカー部OB数名をお招きし、FA-CLUBメンバーと語らう

  FA-CLUBへようこそ
    【  サッカーに乾杯 !  昔はみなサッカー小僧だった 】

       というテーマのシリーズ企画です。
  当時の世相や、高校/大学やサッカー界の状況などの思い出話から始まり、
  部活はどのような経験をさせてくれたか、社会人になってどう役に立ったか、
  現在から将来への想い、後輩たちへのメッセージ 等々・・


シリーズ第2回は、戦後まもない頃から御三家といわれた[静岡/広島/埼玉]から、
前回の広島県/修道高校に引続き埼玉県/県立浦和高校の皆様にご参加いただきました。
特にご出席のメンバーは、[埼玉を制するものは全国を制する]という語源となった
チームで、高校選手権/国体/関東の3冠となり52試合無敗の成績を残したメンバーが
揃いました。


■ ゲスト校 : 埼玉県/県立浦和高等学校サッカー部OB 
IMG_6791.JPG
写真/右から
●  浅見 俊雄 さん(1951年卒)
        ~ 東京大学 ~ 日本サッカー協会 ~ Jリーグ審判委員長
              ★ 2010年日本サッカー協会殿堂入り

●  轡田 隆史 さん(1953年卒)
        ~ 早稲田大学 ~ 朝日新聞社 /TV朝日キャスター兼務

●   藤井 泰光 さん(1954年卒)
        ~ 東京教育大学 ~ 県立浦和高校教諭

● 安達 二郎 さん(1959年卒)
        ~ 東京大学 ~ 日産自動車初代監督 

      ------------------------------------------------------------


■ 聞き手 :  岡野 俊一郎 さん (日本サッカー協会最高顧問)
           奥寺 康彦 FA-CLUB代表

■ コメンテイター : 佐伯 年詩雄 さん FA-CLUBアドバイザー
           (日本ウェルネススポーツ大学教授、筑波大学名誉教授)
■ ライバル高ゲスト:  森 健兒 さん  /  広島県修道高校OB
                                :   鈴木 保 さん  /  埼玉県浦和市立高校OB
■ コーディネーター: 松本 光弘 さん /  埼玉県立浦和高等学校OB

      ------------------------------------------------------------

最初に、浦和高校のサッカー部史をスライドショーで紹介

浦和高校-1.jpg浦和高校-2.jpg












浦和高校-3.jpgのサムネール画像浦和高校-5.jpg










  

浦和高校-6.jpg
浦和高校-7.jpg














           ◆ 浅見さん(3年時)轡田さん(1年時)出場
浦和高校-9.jpg

浦和高校-10.jpg
浦和高校-11.jpg













    ◆ 藤井さん出場









浦和高校-12.jpg浦和高校-13.jpg















     ◆ 安達さん出場





      以上、スライドショーより
   ------------------------------------------------------------
岡野/奥寺.jpg
岡野俊一郎さんによる、司会進行がスタート

自分自身、小石川高校の3年の時浦和高校が最初の全国優勝を成し遂げ、試合を申し込んでもなかなか相手にしてくれなかった、(結果0-4で敗戦)など思い出話から、、。
浦和の人は小さい頃からサッカーをやっていたが、サッカーとのなれそめからお聞きしました。



浅見さん:浦和は、埼玉師範が強かった影響    
4人.jpg
     もあり、幼稚園から女子もサッカーを      やっていた。
轡田さん/藤井さん:当時はクツが無く、
          はだしで蹴っていた。
安達さん:運動神経が良いものはサッカーをやる
     のが当たり前だった。            


岡野さん:皆さん優勝経験者ですが、その苦労話をお聞かせ下さい。

浅見さん:苦労話はあまりない。3年の時52連勝し、負ける気がしなかったので、。
轡田さん/藤井さん/安達さん:仲間も先輩も先生も良かった。肝心なところは締めていたが、。
           特に、顧問の宮川先生/轡田さんのお父さん/後援会会長の福永さん。
           福永さんが、「埼玉を制する者は、全国を制する」という標語を作った。
          
     浦和高校生として、遅れて来た旧制高校生の気分があり、旧制へのあこがれがあった。

岡野さん:当時の浦和市民の関心は? 
ゲスト :優勝して浦和駅に降りたら、びっくりの歓迎だった。校長の独断で、学校も休みにした。
     浦和駅前がサッカーの関係で埋まったのはこの時と、ジョホールバルで勝って岡野選手
     が凱旋した時の2回しかない。


     現在のレッズの応援は、元々浦和4校出身者およびその応援団がベースである。
     レッズサポーターが熱いのは、OBの年寄りが中心。

鈴木保さん.jpg
鈴木さん(浦和市立OB):浦和高校の優勝    パレードを見て、サッカーを始めた。
 やはり、レッズが弱かった時は、気になって
 しかたなかった。  





森/佐伯.jpg

森 さん(修道高校OB) : レッズが何故にぎやかなのか、良くわかった。
              地域社会とのつながりが大事。
            同じように、修道高校も6年間一緒なのが、とても良かった。

佐伯 さん : 日本の高等学校でないようなお話で、旧制高校的な最後の雰囲気を感じ
        うらやましくも思う。もう少しで、学校文化が地域文化に繋がったので
        はと、残念でもある。


           ------------------------------------------------------------


懇親会.jpg懇親会2.jpg













    続く、懇親会はおおいに盛上り、2次会まで延々と話しが尽きなかった!

IMG_6876.JPG
IMG_6839.JPG














           ------------------------------------------------------------

★ このシリーズの次回は、御三家と言われた3校目「静岡県藤枝東高校」を予定しています。

            ------------------------------------------------------------